大田の喫茶店「ヴァル」さんの頼まれもの、テーブルの脇に置いてお客さんに手持ちのものを収めていただく箱です。寸法は現行のものと同じにして色は薄茶、周囲は板で囲い直線的ですっきりしたデザインにというのが条件です。テーブルに合わせて材はナラです。あまり荷重のかかる憂いのない使い方をする家具ですから羽目板は5ミリの薄板に、ホコリがたまるのが嫌なので底は桟組みとしました。出来上がってみるともう少し華奢な作りのほうが見栄えがよかったかもしれないとの思いも浮かんできますが丈夫には出来ていますから上に板でも乗せてもらえればベンチの脚とか他の役にも立ってくれると思います。